HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の収穫

デッキで鉢上げや挿し木などの作業をしていたら、
後ろの繁みに、ぽたッと何かが落ちる音がした。
振り向くと、熟したプラムが数個草むらに落ちている。

見上げれば、
プラムの差し交わした枝の所々に、紫色に見えるプラムが点々となっていた。どれもが完熟状態だ。
「早く採らないと・・・。そうだ、妹に電話しよう」

プラム採りのC子名人が、早速来宅し、傘2本のワザでプラム採集。





傘の中に投げ込んだプラム。
この収穫法については、7月1日の日記に詳しい。

とにかく、これが最後の収穫だと思うと、
一粒一粒が大切に思えてならない。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。