HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い十字架




下の庭へ降りる斜面は、今、白い十字架のような花が満開である。
その花の名はドクダミ。

それにしても、この清らかな花は名前でずいぶんと損をしている。
一種異様な臭気があるため、毒が溜まっていることを連想させたのか、ドクダミとなってしまったようだ。

しかし、私の考えでは次のように違う。
タメルは「矯める」からきているのではないだろうか。
「矯める」とは、正しく直すという意味で、「角を矯めて牛を殺す」というように使われるのだ。

ドクダミには別名を十薬というように、利尿、便通、高血圧予防などに効果があるといわれている。だから毒で弱っている体を、矯める働きがあることから、ドクダミとなったのではないか・・・。

前々からそうだったが、この頃とみに名前や地名の由来などに興味が湧いてきている。
年をとるのも、面白いものだ。



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。