HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎耳草はユキノシタ

プラムの樹の下に一株植えておいたユキノシタが、大きく広がった。

この草には、ユニークなよび名がある。

横向きに咲く花は白色五弁で、5枚の花弁の上3枚は短くて先がとがり、下2枚は長いが左右長さが異なる。
後で知ったのだが、この風情が鴨の足の形に似ていることから、鴨足草と書いてユキノシタとよぶようになったとか。

面白いことに中国では、厚みを帯びた葉っぱの形が、虎の耳に似ているので虎耳草とよぶそうだ。

民間の治療薬としても昔から有名で、子供のひきつけに青汁を飲ませる。腫れ物には葉を炙って湿布して膿みを出す、特に中耳炎にもよく効くことから、ミミダレソウとよぶ地方もあるという。



ユキノシタの葉のてんぷらを、御馳走になったことがあった。
ずいぶん前のことなので、味もはっきりとは覚えていない。
これだけ葉があるのだから、近いうちにてんぷらを揚げてみよう。
お浸しはどうだろう。いけるかもしれない。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。