HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつかしい春の味・かぶれ菜

年をとっていくにしたがって、
昔食べた味がひじょうに懐かしくなってくる。
これをノスタルジック・テイストというそうだが、
今、私はまさにノスタルジック・テイストを、
ニコニコと平らげている。

福島市大森ではいつの頃からか、「かぶれ菜」という茎を食べる、いわゆる茎立ち菜を栽培するようになった。



葉っぱにウェイブがあるので、あるいは白い粉をはたいたような葉なので、かぶれ菜とよぶのだろう。

茎を掻きとって使うこの菜は、何といっても茎が美味だ。
おひたしには、茎だけをまず茹でるとよい。
たっぷりの熱湯に塩を入れ、茹で上がったら冷たい水でさっと冷やす。
ぐずぐずしていると、茎の中で自然に茹ですぎ状態になってしまうので、要注意。もともとあくやくせがないので、葉の先端のほうもさっと茹でる。



味付け? 私は何もいらない。かすかに残る塩の味だけで十分だ。
油揚げや竹輪、椎茸などと炊き合わせても、美味しい。




HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。