HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇苗の贈り物

3月3日、桃の節句に素敵な贈り物が届いた。
観音開きの大きな箱をあけると、中にはバラの大苗が5本。
いずれも、葉が出始めている立派な苗だ。

「ラプソディー・イン・ブルー」
四季咲き中輪の、シックな暗赤紫がかった
ブルー系の薔薇で、アンニュイな魅力がすばらしい。

「チャールズ・レイニー・マッキントッシュ」
イングリッシュ・ローズ
デヴィット・オースチンの傑作で、青みがかったライラックピンクの
カップ咲き。多花性でロマンチックな花が次々に咲く。

「ボウ・ベルズ」
イングリッシュ・ローズ
お姫様のドレスに描かれたような、
ピンクの珠を思わせる薔薇。
花束に加えると雰囲気がアップすると思う。

「ウイリアム・シェイクスピア」
イングリッシュローズ
花弁の多いクラシックなクオターロゼット咲き。
クリムゾン・レッドから紫に花色が変化する。
四季咲き系で、多花性。

「マダム・ヴィオレ」
ハイブリッド・ティー・ローズ
私の住所はすみれが丘。
前々からぜひ植えたいと思っていた薔薇だ。
半剣弁高芯咲きで、ラベンダー色の花がチャーミング。

さて、ぜ~んぶ私好みの薔薇ばかりなのは、なぜだろう。あやしい。

答え。
娘がいない私なので、節句の日を指定し、
私が私への贈り物として、プレゼントをしたからである。

単に「バラ苗5株購入」を、こうして遊んでみたら、ちょっと楽しかった。







HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。