HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はこべ浮かべて

しまった、パンを買っておくのを忘れた。

昨日の残りのご飯1杯弱と野菜があるから、久しぶりに雑炊といこうか。
玉葱とじゃがいもと大根で、味噌汁を作り、冷ご飯を最後に加えよう。
しかし、赤味噌を使うと具材が茶色になってしまい、食欲がわかないかも・・・。美味しくいただくには、トッピングに香りがよくて何か青いものがほしい。

はさみとかごを手に庭へ出た。
久しぶりに気温が下がって、身が引き締まるような心地よい寒さだ。
先ず、小さな池の近くでフキノトウを2個採集。プラムの木の下には、は
こべが元気よくこんもりと葉を茂らせている。
そうだ、安部なを先生からいただいたご著書「味噌汁にハコベ浮かべて」のように、はこべでいこう。

あっという間に仕上げた雑炊に、フキノトウの香りと苦味、目に鮮やかなハコベの色彩がアクセントになり、美味しいこと美味しいこと・・・。







フキノトウがハーブなのは納得できるが、雑草といわれているハコベはどうしてハーブなの?と思われる方も多いかもしれない。
じつは私にこんな失敗談がある。

今から30数年前、ハーブの種子を取り寄せるには先ずカタログを取り寄せ、ファックスか手紙で申し込むのが普通だった。
○をつけては消し、また考え直して○にしたりして、悩んだ末に注文するのだが、Stelaria medeia にも○をつけていた。
ラテン語でStelariaとは星の形を意味する。もっと詳しく調べればよかったのに時間がなくて、そのままカナダのハーブナーセリーへ注文。届いた種子を蒔いたところびっしり生え揃ったのは、何とハコベだった。

ハコベは昔から薬用植物として利用され、かゆみ止めやリュウマチに効能があるとされている。また、かすかに塩味のする葉にはミネラルなどの微量要素が含まれているので、阿部先生がよく召し上がっていたのは、理に適っていたのだ。

ハコベの青汁も健康維持によいという。
カナダ生まれのハコベの子孫を探しに、前に借りていた畑へいってみようかな。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。