HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

???な商品 その6

食べられる生ゴムひも?

ロンドンの洋子さんからのお土産に、今まで見たこともない品がはいっていた。
最初は平打ちのパスタかと思ったが、生ゴムのひもにも見える。
いやいや、新しい味のスルメ裂キイカかもしれない。
???いったいこれは何なんだ???
正解は、包装紙のセロファンに、勘亭流のような文字で「乾豆腐」と書いてあった。
そうはいわれても、まだ信じられない。あんなにとろとろした豆腐を30センチの長さで、こんなに細くきれいに切れるものなのか。





試しに乾豆腐を1本口にしてみた。
硬くて味などまったくない。干し豆腐といえばそんなものかなぁ。

細かい文字の説明によると
原材料は大豆、原産地 は中国

熱湯に3~5分つけて戻し、水気を切っておく。
ここまで読んだところで、私も熱湯で戻してみた。
色は変わらないが、少し太くなったようだ。
食べてみると、味というより、何かしら滋味が感じられる。
そうだわ、
炒めものやすき焼き、なべものに使ったら美味しそうだ。
これも私の特意とするひらめき料理だが、戻した乾豆腐を1センチ
ほどに切り、みりん、酒、醤油で佃煮風に煮てはどうだろうか。
禅寺に伝わる精進料理ができそう。

それにしても、面白い品があるものだ。






HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。