HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナの葉っぱ

今日で正月2日目。
3人の息子、そしてわが家の計4家庭が持ち寄った料理の種類はバラエテイーに富んでいた。

お重に隙間ができるとすぐに補充が施され。
大皿が空になる前に、またもや新しい料理が盛り合わされる。
こんな時に重宝したのが、庭から切って来たバナナの葉っぱだ。
例年なら冬枯れの侘しい茶色の葉なのに、
暖冬のせいで、まだまだ緑色の葉が付いている。



尾頭付きの鯛も、大きなバナナの葉っぱにのせると南国風に見えてくるから
面白いものだ。
東南アジアでは、魚類や肉をこの葉っぱに包み、焚き火をした土の中に埋めて蒸し焼きにするようだが、一度試してみたい。
庭には小さい株が出ているので、春になったらもらいに来よう。




HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。