HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天上の青い花

素敵な発見

都心へ出る用事ができた。
家を出たのが8時45分だから、高速道路はすでに渋滞。
カーナビゲーターの指示は、国道246のルートを通れと出ている。
多摩川を渡り、瀬田の交差点を越してから右折。桜町を通り、246へ再び合流した。この間、二つの素敵なものを発見。


その1 世田谷のイメージどおりのお屋敷が続く区間。
    桜町小学校の信号をはさんで、前後左右の大きなお宅がいかにも
    世田谷という感じだ。 
    年を経た緑の木立に囲まれて、どんな人が住んでいるのだろう。

その2 「うっそー」と思わず声が出てしまったのは、
    白いマンションのベランダ全体をカバーしている朝顔の花、花、花。
    その数百か二百か見当もつかないが、澄み切った青空の色と、
    ばら色を帯びた青紫の花が、バス通りからもはっきりと見てとれる。
    この時期、この時間に、この花数で咲いている青紫色の花は、
    リュウキュウ朝顔の名で売られている東南アジア系の昼顔だろうか。
    空色のほうは、秋遅くまで咲き続ける
    HEAVENLY BLUE (ヘブンリー・ブルー )にちがいない。
    「天上の青」が窓の外にあるのは、
    ステンドグラスのように見えるのかしら。
    いや、花は全部外側を向いていたような気がする。
    もしそうだとしたら、
    道行く人を楽しませるために植えたのかもしれない。



カメラを持っていなかったのが残念だが、興味ある方は「駒沢公園西口」のバス停に立ち246に向かって左側,10時の方向をごらんあれ。

今頃になって心配になってきた。あまり綺麗なので、ま、まさか、香港フラワーじゃないでしょうね。
 



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。