HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝は十草粥

うっかりして、七草粥のことを忘れていた。

「パンにしますか? ご飯もお餅もあるけど・・・・」といいかけて、
今朝は、1月7日だということに気がついた。

これまでは近くの秘密の場所から、七草(種)どころか十数草ぐらいの摘み草をしていたのだが、時間がない。
急遽、庭の中から食べられる緑の草を探してみることにした。

480-1.jpg
480-2.jpg

いろいろ植えてあった下の庭が無くなっているので、ちょっと厳しいかナ・・・。

まずこぼれタネで野生化している三つ葉、
日当たりのよい場所で芽をふいていたチャイブ、
植木鉢を我が物顔に占領して生き生きとしているハコベ、
顔を出したばかりのフキの葉、
元気一杯のロケット、
食べごろのレタス、
雑草とよばれているがクレソンの味がするタガラシ、
オカワサビやユキノシタの葉も使える。もうこれで九種類になった。

探してみれば、けっこうあるもの。
昨日のご飯に小さく切ったお餅を入れて、餅粥を作り、
数が悪いので、庭からの収穫にキノコも少々加えた。
味付けは、上等な塩だけ。

さぁ、春の香りがする十草粥を 「いっただきまーす」



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。