HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Year's Sun Set

正月前後の夕焼けは、一年のうちで最も美しい。

我家の二つの窓は美術館と劇場と化して、しばし感動の時を与えてくれる。

「トワイライト・ミュージアム」は、居間から見える西の方角。
夕映えの茜色のグラデーションをバックに、
樹々のこずえや家々の屋根が群青色のシルエットとなり、
刻々と深い藍に染まってゆく。
まるで藤城清二の切り絵アートの世界だ。

「サンセット・シアター」は、南西に面した大窓。
開演時間は、4時半を過ぎた頃。
ストーリーは極くシンプルだ。
きらびやかな残映をまとった太陽は、
天空から降りてくる闇の帳(とばり)としばしじゃれあい、せめぎ合いながらも、
一瞬の光芒の後に主役の座を譲り、奈落の底に沈んでゆく。
気がつけば宵の明星の金星が輝き始め、
見上げる位置に月の女神が・・・・。

なぜこんなに美しいのだろう。
思いつく理由としては、冬型の気圧配置に加えて、
会社も工場も休業体勢に入り、人々の多くは帰省したり、反対に家に居て移動しないために、
空気が汚れなかったからではないだろうか。

昨日から、「御用始め」とともに社会が動き出した。
巷では、強い不景気の風が吹き、嵐を呼ぶ気配だ。
中国で発生した鳥インフルエンザは、風によって日本への到達が懸念されるという。

数日間とはいえ、美しい風が吹き、きれいな空気から生まれた感動的な夕映えに感謝したい。
願わくば、このような日がいつまでも続くことを・・・・。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。