HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつかしきクランベリー

kurannberi-33.jpg

11月の第4木曜日は、アメリカでは Thanksgiving Day (感謝祭)という祝日にあたる。
今年は27日だったが、前々からスケジュールを立てて家族ともども故郷や両親の家に帰り、
心温まる集いを楽しむ人が多い。

今から10数年前、
ウイスコンシン州に住むフィッシャー家に長期滞在しながら、
日常生活の中でのハーブ利用法を、ジーン夫人に学んだことがあった。
彼女は5代続いた家柄の出身で(アメリカでは旧家)、成績優秀のため飛びクラスで大学を卒業。
キャリアウーマンのさきがけを経て、家庭に入った後はまさに女の鑑の良妻賢母。
アメリカハーブ協会のリーダーとしても、多くの人々から慕われている素晴らしい女性だ。
ハーブのご縁は何とありがたいことか。
ジーンは実の娘のようによくしてくださり、今も私のたいせつなアメリカンマムである。

ジーンはハーブを使った各国の料理に、精通している。
感謝祭には、娘のジルと孫娘のハネロワが手伝って、伝統的な家庭料理をたくさん作ったことだろう。
メインディッシュはきっと定番の「七面鳥のクランベリー添え」。
ほかにはトウモロコシやパンプキンなど、アーリーアメリカン時代の食べ物が並び、
家族の久しぶりのパーティーは、さぞかし盛り上がったにちがいない。

ミシガン湖に面したフィッシャー家の庭の一画に、英国スタイルのハーブガーデンがあった。
ジーンからバジルの切り戻しを教わっていた時、片隅に生えていたブッシュ状の植物を指差して、
「セイコ、このクランベリーはイチゴとはちがうのよ。薬効のあるハーブで、染色やハーブティー、ビタミンの補給や料理などに利用するんですよ。生食? 無理無理。とっても酸っぱくて・・・」
 Thanksgiving Day のいわれも、話してくれた。
1620年の12月、信仰の自由と新天地への希望を抱いて、メイフラワー号に乗ったピルグリム(清教徒)たちが、東海岸のケープコッドに上陸した。
彼らを待っていたのは、厳しい寒さと飢え、病気や怪我の数々・・・・。
窮地に陥った入植者を助けてくれたのは、先住民たちだった。
農耕や狩猟、食べ物、薬など暮らしの知恵も授かり、何とか迎えた最初の実りの秋!
人々は神に、そして大地の恵みに祈りを捧げ、収穫物を分け合って祝ったのが、感謝祭の始まりで、
祭りをにぎわした野生の七面鳥と、野生のクランベリーは受け継がれ、今やアメリカの伝統料理となっているという。

思い出のクランベリーが、わが家の庭で幸いにも夏越しが出来た。
サクランボよりも一まわり小さなサイズだが、その酸味は爽やかでかなり強い。


ringo333.jpg

カップ3杯しかといおうか、3杯もといおうか、ようやく採れたクランベリーは宝石のようだ。
まずはフルーツパイに14粒を。
パイフランの上に紅玉のシロップ煮を敷き、グリーンの干しブドウ、ラムレーズンをトッピングした。


kurannberi-66.jpg

パイ皮がうすく色づき、クランべりーの形が崩れたらしオーブンから取り出す。
少しぬくもりがあるうちに、取って置きのアップルジェリーをトッピング。
きらきら輝いて、とてもきれいなバイの出来がり。
*アップルジェリーの作り方は、近日中にアップの予定。


kurannberi-77.jpg

紅玉のジャムにクランベリーをミックスしてみた。
ジャムの仕上がり15分前に加えると、クランべりーの形がぼんやりと残る。
スコーンやマフィン、アイスクリームと実によく合うが、おすすめできない。
Because, 美味しくて美味しくてついつい食べ過ぎてしまうから。


kurannberi-55.jpg

クランベリーのジャムは、あっという間にできる。
これは50%のグラニュー糖に水少々を加えて煮ただけだが、10分もしないうちにゴリゴリという感じに固まった。そうとうペクチンが強いようだ。
おもしろいことに気がついた。クランベリーがおしゃべりをするのだ。火にかけると、
プツプツプッチーン、ブツブツポンなどと音を立てるのが、楽しい。
種明かしは、果実の中が空洞になっているので、煮えると破裂する。
その音がつぶやくように聞こえるのだろう。
果たして何といっているのか?

甘酸っぱいガ-ネット色のジャムを、来年はもっと作りたいものだ。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。