HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43年目の結婚記念日

43年前のこの日も、今日と同じように爽やかな日だった。

なぜ覚えているかといえば、1965年5月23日は私たちの結婚記念日だからだ。
一ツ橋の如水会館で式を挙げ、披露宴を行ったが、
夫の友人として鷹司平通氏、私の側には飯田深雪先生が列席してくださったことは、一生忘れられないありがたいことだった。

新婚旅行は、九州から種子島と屋久島への11日間。
当時としてはかなり長期でユニークなコースである。しかし、新妻が後になって気づいたのだが、なぜか行く先々に必ずSLや電車、トロッコなどがいた。つまり、新進鉄道カメラマンの撮影旅行に付いていったのだった。






孫たちからお祝いのメッセージが、ファックスで届いた。
二人とも、何と心優しい子供に育ったことだろう。
夫にはふさふさとした頭髪が、私のスタイルはほっそりと描かれている。
そうか、これはきっと新婚旅行の頃を想像して描いたのかも・・・。

ありがとう! 尚ちゃん、美海ちゃん。



縁あって知り合った大宮の佳人からも、花束をいただいた。
清水園のSetsuri Shimizu さん、どうもありがとう。



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。