HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなばらを寄せて



バラといえば、某デパートのマークを連想する人が、
まだかなりいるようだ。
大輪のバラはたしかに立派でゴージャスだが、
私は、優しい色の小輪房咲きや、中ぐらいのサイズのバラが好きだ。
それも1種類だけでなく、数種類寄せて活けたり花束にすると、
ロマンチックな雰囲気が出る。

庭のあちこちから切ったバラを、セイジグリーン色の水差しに活けてみた。
花器はたくさんあるのに、
最近はコンランで求めたこればかり使っている。
古いリードオルガンに飾ったら、お互いに引き立てあってよく似合うようだ。




















活けたバラは紫玉、グルーテン・ドルスト、ポールズ・ヒマラヤン・ムスク、ラベンダー・ドリーム、ブラッシュ・ノアゼット、コーネリア、ダマスク・ローズ、ブルーボーイ、クレール・マタン、バリエガタ・デ・ボローニャなど。
ただし、クリーム色のシュラブとピンクのつるバラの名前が不明。

花屋では売っていない素晴らしい香りの花束を、今日も友人に送ってあげよう。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。