HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見が出来る幸せ



「せい子さん、秘密の場所は今頃がちょうどじゃない?」
友人のMさんから、明るい声の電話が入った。
「そうなの、お誘いしようと思っていたのよ」

すぐに話がまとまり、朝の10時に駅前で待ち合わせ、
例の秘密の丘へ直行した。
上り坂を左に曲がって、まもなく右にハンドルを切ると、
目の前に現れるこのシ-ン・・・・。

ここは昨年の3月14日に、
「桃源郷へ」のタイトルでアップした所だが、
何度訪れても、季節の中で自然に触れる喜びがある。




ゴッホが感動したアルルの桃の花は、このような感じでは?




草むらでブルーサファイアが輝くような、オオイヌのフグリ。




農家の裏庭では、コブシの大木が白い炎を吹き上げていた。




日当たりのよい土手にはホトケノザと青い草のタピストリーが。




濃い蜂蜜の香りがする、黄金色のポンポンを下げたミツマタ。




生け花の花材につかわれる、コロンとした蕾が愛らしい、紅葉スモモ。

どの道を通っても、春の印が数限りなく刻まれている。
今年も、お花見が出来てよかった。

年を重ねてくると、しみじみとそう思うようになってきた。
どうか、来年もこの秘密の場所へ来られますように。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。