fc2ブログ

HOME:広田せい子のハーブガーデン

わが家の三春






これからの季節は、毎日がドラマチックだ。

一夜にして今まで枯れ枝だったところから、
緑の若葉が炎のように噴き出し、
一日で固い蕾が割れて枝の先端にまで、花の蕾が鈴なりなのを見て、
昔の人々は、佐保姫という春の女神の存在を信じていたに違いない。

家庭果樹についていえば、
早春から梅、桃、桜の順に開花するのが一般的だ。
ところが、滝桜で知られる福島県の三春では、
寒冷地のため3種類がいっせいに花を開く。
三春町の由来は、ここからきているという。

さて、わが家の三春は、
桜、桃、スモモ。

桜は昨日の記事と河津桜に。

桃の「照る手姫」(写真上)。鉛筆のようにほっそりとした樹形に、
華やかで大ぶりの花が密に咲く花桃。このつぼみ、かわいいでしょ。

スモモは「サンタローザ」(写真下)。緑色を帯びた白の花が、無数に咲く。
夏休みが始まる頃が、美味しい食べ頃。

HOME : TOP

Monthly