fc2ブログ

HOME:広田せい子のハーブガーデン

真っ白な水仙



庭のあちこちで、真っ白な水仙が咲いている。
植えてから10数年はたっているのに、
一度も植え替えをしたことが無い。
園芸書によると、
毎年掘りあげて夏場の管理が必要な方法もあるようだが、
植えっぱなしのままでも、毎年元気な花を咲かせて、
寒い季節の殺風景な庭の慰めとなっている。

この純白な水仙の名前は、「ペーパーホワイト」。
地中海沿岸地方を原産地とする房咲きの芳香水仙で、
私の庭では水仙のトップバッターであり、
最も遅くまで咲いている品種でもある。
その年の気候条件にもよるが、12月から4月頃まで開花期間は長い。
花の香りはかなり強いほうだ。
しかし、けっして甘ったるくない、きっぱりとした香りに特徴がある。


前にも記したが、
知る人ぞ知る。イスラエルは、ペーパーホワイトの輸出国だ。
クリスマスの花として、ヨーロッパ方面へ大量に出荷していると現地で聞いた。
一点の穢れも無い無垢の花は、ヴァージン・マリーに捧げるのだろうか。

HOME : TOP

Monthly