HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティーキルトの基礎準備?



前回は、両面テープと白い大判の紙を買いに行くところまで、記した。
その後アップしていないので、早くも断念したの?、とか、
続きを早く見たい、
頑張ってください、
などというメールや手紙などをいただいた。

御心配くださって、ありがとう。
待つ側は早く進行状態を知りたいと思うが、
好きなときに少しづつ進めているので、どうぞ気長にお付き合いを。
今日は取りかかってみて、
気がついたいくつかの注意点をお伝えしたい。

まず、台紙にする大判の白い紙を探しにホームセンターへ行った。
方眼紙やケント紙、クラフト紙などの置いてあるコーナーで、
ちょうどよい紙を、ゲット。
白地に5センチ間隔で灰色の線が入った、全紙サイズだ。
目盛りがついているのでラインが曲がったり、
布の間隔がずれたりしない。
白い紙だから、生成りやアイボリーの布でも、
色がよくわかるなどの、メリットがある。

両面テープは、さまざまな種類がある中から、
粘着力が強力で、一番幅広のものを選んだ。
まず、3センチほどに切って目的の場所に置き、
指でこすって張りつける。
次に、端のところを爪ではがし、白い紙を一挙に剥がすと、粘着面が現れる。

そこに注意深くあらかじめレイアウトしておいたピース(布片)を置いてみた。
これはダークブラウン方からオレンジ、黄色、クリーム色まで、
しだいに色が変化するように、色彩計画を立てたつもりだ。
一枚一枚貼り付けていくと、しだいにグラデーションとなって見えてくるはすなのだが・・・・。




頭の中の計画と、実際の場でギャップがあるのは当たり前のこと。
こんな場合に活躍するのが両面テープだ。
そっと剥がして、ピースの位置を換え、納得がいくまで色合わせをしてみよう。
このブルーのコーナーがよい例だ。
「設計図」の通りにピースを置いてみたら、濃淡のコントラストがくっきりと出すぎて、不自然な感じがする。

こんな時は、少し離れて斜め上から見下ろしたり、目を細めてみたり、
カメラのファインダーを通してみると、
ギクシャクしているところが見えてくる。

また、無地の布は小さくても目立ちやすく、
白の部分は強いインパクトがあり、どちらも周囲になじまない。

両面テープは、引っ張ると地の目が整わなくなるので、
できるだけ剥がさないように気をつけ、
せいぜい1~2回で終るようにすること。

窓の外は雪。こんな日にこそ暖かいカーペットの上に紙を広げ、
色紙遊びのようなノリで大いに楽しもう。




上のギクシャクしたところを修正したパネル。
ただし、あまりにもスムーズなグラデーションでは、
手作りの面白みが無い。
ところどころ、うまくいかないような感じを残しておくのも、
テクニックの一つではないだろうか。




赤系統のパネル。
ピースの1枚1枚に物語があり、
並べる指の運びも、時々止まることがある。
これぞ主婦の手仕事の醍醐味。
完成の喜びよりも、作っているプロセスが何倍も楽しいのだ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。