HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のいろはうつりにけりな・・・・・



この花に見覚えがおありだろうか。
「師走の庭のピンクの花々」というタイトルで、
アップしたのが昨年の12月22日。

あれから、穏やかで暖かな日が続いたので、
大晦日までは庭のテーブルに飾ったままだった。
今年最後の掃除の時に処分するつもりでいたが、
健気にもこれから咲こうとしている花に気づいた。
マルバには蕾がまだまだあるだけでなく、
咲き終わってしおれた花弁は、
青みを帯びて何ともいえないあえかな風情がある。
バラの花も咲きかけたまま、あるいは咲き終えた色も形もそのままに、
じっと息を潜めているかのようだ。

捨てるのはしのびないので、
部屋の奥にある暖炉の上に飾りなおした。
花瓶に活けてから、早くも3週間を超えている。



はさみをいれた時点で、花の命は儚くなった。
ゆっくりと移ろっていく花を見守っていると、
それはけっして醜くも無く、惨めでもない。
自然のままのあるべき姿だ。
人の容貌も能力も、年とともに衰えてくる。
これも自然の営み、ごく当たり前のことということが理解できる。
・・・といえば悟り澄ました立派な人だが、
私のような俗人は、何としてでも老いと病いは避けたいほうだ。

平安時代の才媛、小野小町は、
はなのいろはうつりにけりないたずらに
わがみよにふるながめせしまに、と詠んだ。
花の色の移ろいにかけて、
年齢を重ねることと容色の衰えを、深く嘆いている。
各地に今なお小町伝説が残るほどの美人には、
さぞかし普通の人の何倍も辛いことだったろう。

負け惜しみではないが、あぁ、普通の人でよかった。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。