HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリへ行ってきました



「パリへ行ってきました」とは真っ赤な嘘だ。

夫を駅まで送る途中、
昨夜の冷え込みで一気に色づいた雨上がりの街路樹が、
いかにもパリのよう・・・・。
あまりにも美しいので、こんな嘘をつきたくなった。

カメラを取りに家まで帰り、再び先ほどの場所へ戻ってパチリ。


左側に少しだけ写っているWVは、
37年間ワンオーナーで乗り続けてきた愛車である。
パリの街角に似たこの景色に、ぴったり似合うと思うが、親(?)馬鹿かな?



パリの街路樹は、プラターヌ(鈴懸)やティユール(西洋菩提樹)、マロニエ(西洋栃の木)などが一般的だが、
このトウカエデも、見かけたことがある。
ざらつきのある木肌に特徴があり、なかなか雰囲気のある樹だ。





リュクサンブールの公園にて。

これも嘘だけれど、
家の前にある公園は、
ソメイヨシノの落ち葉で、じつに美しい。

イブ・モンタンの歌う「枯葉」を、久しぶりに聴きたくなった。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。