HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「婦人の友」の12月号に

2016_1116_101820-P1810810_R.jpg


70歳を過ぎたころから、そろそろ身辺整理をしなくてはと思うようになった。

なにしろ、モノに対する愛着が人一倍強く、我ながらつくづくあきれてしまう。
とは言いながらも、そんな自分を嫌いではないのだから、困ったものだ。

本人はコレクションのつもりでも、他人から見たら「ため込む」ようにみえるらしい。
これまで「ため込んだもの」をざっと挙げてみよう。
布、糸、紙、リボン、ボタン、色鉛筆、本、タネ、和ガラス etc.etc.

2016_1116_101711-P1810808_R.jpg


例えば布の場合、その量は半端ではない。
絵柄に惹かれて、手触りが気に入り、シリーズを揃え、ノスタルジーに酔い・・・・・・・、
気が付いたら大変な数になっていた。
それでも処分する気はさらさらなく、整理するつもりでパンドラの箱を開けると、
再び布の魅力に溺れ、ますます「捨てられない病」は悪化していく。

習ったわけではないのに、縫物が大好きで、
長い間自分の洋服や子供が着るものは手作りをしていた。
仕事で忙しくなっても、小さいものを何か作っていると心が落ち着くので、
針箱をしまい込むことはなかった。

2016_1115_154822-P1300873_R.jpg


先日、思いがけない電話をいただいた。

数年前、「婦人の友」に執筆をしていた時、
家にあった小さな布で作ったものが、訪ねて見えた編集者の目に止まっていたらしく、
同誌の編集長からの依頼があった。

2016_1116_102612-P1810812_R.jpg

テーマは「布をつくりかえて、最後まで、活かす」。

掲載されたのは、以前に作ったものだが、
とても簡単なものからちょっと大作、まで4ページにまとめていただいた。
興味のある方は、
「婦人の友」12月号をごらんください。



「あぁ、これまで作ってきたものを、捨てないでいてよかったわ」

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。