HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧の友に贈ったスパイシーなブーケ

2016_1115_154644-P1300870_R.jpg

友人のアグネータ・フロックさんは、スエーデン生まれの切り絵作家だ。

彼女の指と鋏から生まれるアートは、
誰にも真似のできない独特の世界観に満ちている。
野に咲く草花や森に住む魔物たち、小さな生き物、古代神話に登場する美女にヒーローなどなど、
作品を眺めながら、
夢が覚めないようにと希いつつも、いつまでも溺れていたいような別世界で遊ばせてもらえるのだ。
2013年にスエーデンを訪れた時は、緑に囲まれた彼女のアトリエに滞在して、
のんびりと過ごした日々が懐かしい。

2002年に日本で最初の個展を開いて以来、
好評を博したNHKのBS放送によるドキュメント番組と相まって、
彼女のファンの数は年を追うごとに増えていった。
展覧会はもう何回目になるだろうか。
今年の秋も玉川の高島屋で、
彼女の大学時代に専攻したテキスタイルの作品展示を含めた、
大々的なエキジビションが開催された。

初日から数日後、
日本料理で名高い「たん熊」に夫婦同士の席を設け、
京懐石をいただきながら、楽しい話に花が咲いた。
特に彼女の御主人のパールさんと夫の尚敬は、
旧交を温める話題が絶えず、懐かしそうだった

2016_1026_081205-P1300696_R.jpg

花といえば、当日プレゼントしたのがこのブーケだ。
今年は天候不順で、残念ながら庭に咲く花の種類も少ない。
幸いにも、香りのよい葉がたくさんあるので、
スパイシーな香りのするタッジーマッジーを作ってみた。

芳醇な香りのクラシックなバラをセンターに置き、
周りに彩りとして配置したのはサルビア・アズレウス、プランパゴ、セロシア、
セイヨウニンジンボクのプルプレア、ローズヒップ、タイバジルにイネ科の牧草など。

外周は、いずれも強い芳香のハーブやスパイスを使い、
ローズゼラニューム、カルダモン、シナモン、ジンジャー、ベイリーフの葉でまとめた。

2016_1026_081443-P1300704_R.jpg

スエーデンの人々はカルダモンがお気に入りで、
紅茶やコーヒーに混ぜて飲むことが多い。
このことを思い出して、庭のカルダモンの葉先を使ってみたら、
案の定、このエキゾチックな香りを気に入ってくれたたようで、
「疲れが取れるように、今夜はベッドサイドに置くわ」と、嬉しそうな笑顔が心に残った。
様々な国の植物の香気が枕元で混じり溶け合い、溶け合って、
彼女に深い眠りをもたらしたにちがいない。

11月8日にアグネータさんはスエーデンへ帰国した。

「大好きな日本」と口癖のように言っていた彼女は、次回はどのような世界を見せてくれるのか。
どんなところにインスパイアされたのだろうか、

そろそろメイルが届く頃だ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。