HOME:広田せい子のハーブガーデン

名残りのスミレを胸元に

2016_0319_133548-P1290692_convert_20160325115532.jpg

居間から見える庭の右側に、ニオイスミレのコーナーがある。
大きめのクッションを3枚ほど並べたスペースだが、
花盛りの3~4月の庭は、スミレの芳香か漂っていて、
幸せ気分を満喫できた。

季節がめぐり、今庭はバラの花が咲き始め、
柑橘類やミモザの香りも混じって、
1日中庭で過ごしたいほどだ。

ニオイスミレの葉の下を探れば、まだ少しは咲いている。
名残りの花を集めてブーケを作り、胸元に飾ってみた。

また来シーズンもよろしく、と語りかけながら・・・・・。


2016_0320_124722-P1290696_convert_20160401234024.jpg
2016_0320_124933-P1290703_convert_20160405134446.jpg

3月下旬の頃。

約20種のニオイスミレが咲く。
白、ピンクの濃淡、淡い青紫から濃い暗紫色までのグラデーション、薄いオレンジ色など、
いろいろあるが、やはり菫色が一盤好きだ。














HOME : TOP

Monthly