HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな可愛いプレゼント

昨年の12月16日は、私の誕生日だった。
これまでのように、夫からのプレゼントをそれほど期待はしていなかったが、
今年はぜひとも欲しいものがあった。

ダイヤモンドの指輪?
素適なコート?
おしゃれなお店でのお食事?

NO,NO

高価なものは全部外れで、
私のリクエストは、何とメダカでした!!!

2016_0108_125613-P1290611_convert_20160112082132.jpg

近所の駅の近くに、メダカの専門店ができたと聞いた時から、
いつかのぞきに行きたいと思っていた。
川魚の飼育は初めてではない。
20年ほど前から個別に水瓶で飼っていた鯉や金魚、鮒に泥鰌が長生きしているので池を作り、
合併統合(?)のスタイルで飼い始めたら、驚くほど大きくなった。
その反動とでもいうのだろうか、
小さな生き物を飼いたくなったのだ。
 
2016_0108_125942-P1290617_convert_20160111230244.jpg
                                
 メダカ屋には、1匹200円のメダカから1匹1万円もするメダカまで、
バラエティーに富んだ珍しい小さな魚が黒い容器に入れて並べられていた。   
普通、メダカといえば黒くて細長い小魚で、頭の先端に目がチョンチョンとついている姿をイメージするが、
体色が朱赤、黒、白、青、褐色などのメダカがいたのには、ただただびっくり。
体型もそれぞれに特徴があるらしく、奥が深い趣味のようだ。                                                                  
2016_0108_125647-P1290612_convert_20160122004658.jpg

「あれもいいなぁ、これもかわいい」
と心楽しく迷った結果、10匹のメダカを買ってもらった。
1匹お店からおまけのプレゼントがあったので、正しくは11匹のめだかは、
今日も元気に泳ぎ回っている。

体長1センチほどの紅い色のおちびちゃん、
背びれがオパールの輝きを見せる美人系、
褐色の斑点がいかにも田舎くさいおじさんメダカ、
ミルク色の肌が美しい熟女タイプ・・・・・・。

窓際に置いた水槽で始まる小さな命の営みは、
見飽きることがない。



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。