HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑の庭に吹く風

2015_0716_153225-P1290138_convert_20150727184358.jpg

私は、なんと勝手気ままなのだろう。
毎日毎日降り続く梅雨の間は、腐りかけ溶けてしまいそうな花や茎を眺めながら、
「雨はもうたくさん! 1時間でもいいから晴れ間がほしい」と本気で願っていた。
けれども、連日のように猛暑が続くと、今度は庭の草花が枯れないように雨が降ってほしいと、
天の神様に手を合わせるのだから、我ながらいい加減だと思う。

水やりは、朝が勝負だ。
4時半には、もう目覚めているから、私は早起き鳥の仲間かもしれない。

庭へ続く大きなガラス戸を開けると、
夜の間咲いていたジャスミンの残り香が、まだかすかに漂っている。
朝日を浴びて咲いているのは、オニユリとバラとサルビア・グラニチカ・・・・・。


2015_0718_174203-P1290181_convert_20150729212956.jpg

日中に比べて、朝は涼風が吹くことが多い。
木の葉伝いに、かすかな音を立てて風が渡ってくることもあれば、
突然目の前の花が揺れて、風の居場所を知ることもある。
夏の朝の嬉しいサプライズだ。


2015_0716_154238-P1290167_convert_20150729213420.jpg

バラのアーチの下でひっそりと咲いていた、
ワスレナグサの親戚の女の子
「あなた、お名前は?」


2015_0718_174006-P1290176_convert_20150725163719.jpg

マルタゴンリリーに魅せられて以来、我が家の庭にさまざまなユリ子さんが増えた。
聖母マリアゆかりのマドンナリリー、
細い葉に緋色の小さな花が連なって咲くイトハユリ、
下向きに咲くオレンジ色のカナデンセ・・・etc.

10数種に及ぶ原種系のユリは、夏の暑さにもめげず、
毎年花を開く。

オニユリによく似たこのユリは名札が落ちていたので、
私はひそかに「オニババユリ」とよんでいる。
色が黒く何となく意地悪そうな感じが、オニババァのイメージのような気がして。


2015_0716_153841-P1290156_convert_20150727184547.jpg

蚊にさされながらなんとか水やりを終えた。
さぁ、これから朝ごはんだ。

冷たいジュースは、何にしようか。
出来ますものは、 
エルダーフラワー (ニワトコの花)、 マルベリー (クワの実)、 アカジソ  の3種類だが、
全部この庭から生まれた手作りの飲み物。

どのジュースも夏の季節を感じさせてくれる。

あぁ、いい風が吹いてきた


     

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。