HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預かった小さな命 ① 尻尾の長いおちびちゃん

2014_0906_141219-P1250980_convert_20141001222934.jpg

日に日に日脚が短くなってきた。


2014_0906_141722-P1250994_convert_20141001223406.jpg

夏の日の名残をとどめた庭の一画で、私は今日も小さな友達tと出合った。
背中を青く光らせて
ユーパトリュ―ムやガイラルディアと戯れているのは、あの子たちだろうか。


2014_0701_113019-R9327155_convert_20141001222154.jpg

熱帯夜が続いた7月。
いくらか涼しい早朝に草むしりをしていたら、
ラベンダーの繁みの間から、ちらっと白いものが見えた。
枝をかき分けてよくよく見ると、白いインゲン豆を3個並べたようだが、形も大きさも違う。
落ち着いて観察すると、1cmほどの卵型だ。
表面は硬質ではなく、柔らかそう・・・・。

それrなら何の卵?
蛇だったらどうしよう。私は巳年生まれなのに、蛇は大の苦手だ。
いやいや、蛇の卵はこんなに小さくはないはず。

とにかく飼ってみよう


2014_0701_113053-R9327157_convert_20141001222541.jpg

ということから、小さな生命を預かることになった。

3個の卵は発見した場所の土とともに、プリンの瓶に入れて
世話を忘れることのないように、いつも使っているテーブルの上に置いた。

飼育法といってもよくわからないので、土の表面が乾かないように霧吹きをする程度だったが、
観察を怠ることはなかったと思う。


2008_0101_221251-R9327189_convert_20141001221019.jpg

ジャーン! いよいよ時は来たれり!

8月にはいったったばかりのある朝、
例のプリンの瓶の端に何やら黒くうごめくものを見つけtた。

あっ、蛇の頭。だけど小さな手が見えるわ。
ということは、トカゲだったのね。

よく見ると一人前に爪も生えている・・・・

2008_0101_221320-R9327191_convert_20141001221724.jpg

すでに1匹目が孵化を済ませ、
電話の応対中に2匹目が誕生していた。
そして、いつの間にか3匹目がちょろちょろしている。

驚いたのは、この小さなカプセルの中にこれほど見事な尻尾が「格納」されていたことだ。
マジシャンでも難しい技ではないだろうか。

2008_0101_221057-R9327181_convert_20141001221442.jpg

あっという間にプリンの瓶は、尻尾の長いおちびちゃんたちに占領されてしまった。

そして、餌や住処の心配をするよりは、
彼らの母親が産み落とした場所へ戻してやるのが、一番の親切だと思い、
花の終わったラベンダーの根もとへ放した。

短い間だったが、トカゲの赤ちゃんと触れ合うことが出来て、
私の爬虫類アレルギーは改善の兆しを見せているようだ。





HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。