HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏にはこんなミニ花かごも

2014_0608_114641-P1250300_convert_20140824152643.jpg


写真のファイルを探していたら、6月8日のなかにこんな記録があった。
6月はバラで庭中があふれる季節だ。
朝から晩まで色鮮やかで大きめの花ばかり見ていると、
小さくて優しい草花でほっと一息つきたくなってくるもの・・・。
そんな朝に作ったことを思い出した。

朝露のまだ残っている庭には、花と土の香りが漂い、
BGMは小鳥たちの賑やかなコーラス。

切り取った小枝は、ただちに深水に浸けて水揚げをし、
アレンジするまでの時間をなるべく長くとるのがコツだが、
朝のルーテンワークでかなり忙しく、思う通りにはならないことが多い。

だからこそ、うまくいった時の喜びも大きいような気がする。


2014_0608_104746-P1250279_convert_20140824152043.jpg

上の写真のサイズよりもやや大きめのバスケットに、
私の好きな色の、パープルからブルーの小花を集めてみた。


2014_0608_104827-P1250280_convert_20140824152348.jpg

バラ2種、ラシルス・アズレア(ブルースイートピー)、シノグロッサム、レースフラワー、
ヤグルマソウ、ニゲラ、マロウ、ウオールフラワー、ウインドアネモネ、アルテミシア’エチオピア’

狭い空間の中にこれだけの花が入っているのに、
狭苦しい感じがしないのは、なぜだろう。
私は下葉の整理と、水揚げをしっかりとしたためではないかと思っている。

ちなみに、ミニバスケットに活けたときは、しおれ始めたらおしまい。
至近距離なので、オアシスなどの小細工は無しにして、
花の命を愛でるという気持ちでまとめ、短時間ながらハーモニーを楽しませてもらっている。

もちろん、出番を終えた役者さんには、水たっぷりのステージを用意してある。


2014_0608_120116-P1250321_convert_20140824153520.jpg

私の好きな飾り場所は、ここ。
古典的でロマンチックな音色に、マッチするような感じがして…・。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。