HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春のコテイジガーデンを夢見て

2014_0303_143040-P1230208_convert_20140308081106.jpg


3月ほどわくわくするときはない。

毎日庭のあちこちで、新しい命が生まれ、

眠りから覚めた草花が大きく伸びをしたり、挨拶を交わしたりしている。

昨年の秋、古いバスケットに仕込んでおいたクロッカスが咲いたので

庭から少しずつマテリアルを集め、

ナチュラルな感じに植えこんでみた。


2014_0303_143008-P1230205_convert_20140309021042.jpg


まだ春も浅いイギリスのコテージガ―デンをイメージしながら植えこんでいくと、

目の前に等身大ののどかな春の庭が浮かび上がってくる。


右下ワインレッドのスミレから時計回りに、

ニオイスミレ(チャ―ルス・ウイリアム・グローブス)、クロッカス、

ニオイスミレ(プリンセス・オブ・ウエールズ)、原種のチューリップ、プリムローズ、

ワスレナグサ、ジョンクイル、マーシュ、ディージー。


花が終わったクロッカスは別の場所に植え、

空いた場所にはワイルドストロベリーを植えようと思っている。



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。