HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワスレナグサが似合う場所


2013_0419_074931-P1190961_convert_20131211224808.jpg

早いもので、明日から師走。
今朝は庭に初霜が降りた。
バラの剪定もまだ中途で気になるが、
今日の作業は、寒さが厳しくなる前にこぼれダネでびっしりと発芽した
ワスレナグサの間引きを優先することにした。



2013_0501_092851-P1200203_convert_20131211234333.jpg

この頃、ワスレナグサの市販苗はドワーフタイプ(矮性)が多いようだが、
私の庭の定連となったのは,フランスのタネを蒔いたもので、花の色が濃く、茎も太めで草丈も高い。
花壇の彩りによし、花束に加えるとなおさらによしという感じで、大好きな花だ。
何よりも嬉しいのは、初夏に生長点を切っておくと夏を越すこともあり、初秋の花束に使えること。



2013_0423_100706-P1200043_convert_20131211233922.jpg

間引いた小苗を、さてどこに植えようか。
まずは、ピンク系のバラによく合うので、足元に1~2本。
まだ、5センチほどだが、3月ごろには20~25センチに育つので,植え過ぎはは禁物だ。

今年から通路の縁取りをラベンダーとミニバラを交互に植えたが、
何となくよそよそしくて気になっていた。
そこで、整った感じを崩すつもりでワスレナグサを株の前後や間などに、ランダムに植えてみた。
ラベンダーの銀色の葉と紫の花、ミニバラの白、薄ピンク、パープルピンクなどの花に、
ワスレナグサの小さな青い花はマッチすると思う。

それから、マートルとハコネサンショウバラの樹の足元に丸く輪を描くように、
デージーとプリムローズを加えて自然な感じに植えるとよく合う。
これまで何度か試しているので、今年もこのテで行くとしよう。



2013_0423_093412-P1200001_convert_20131211233533.jpg

腰が悪いのに、庭へ出ると痛みを忘れて作業をしてしまう。
これは本当に不思議なことだ。
来年の庭を夢見て頭の中にイメージを描き、体で実現する喜びは、最高の楽しみといえよう。

でも、洗っても洗ってもきれいにならない爪の間や、ひびが入って痛い指先はちょっとつらいし、
手の荒れも半端じゃない。

いくら「園芸家の勲章」といわれてもねぇ・・・。



2013_0419_074012-P1190940_convert_20131211224536.jpg

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。