HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ模様の服を着て

2013_0913_155708-P1220230_convert_20130917222527.jpg


Bramley(ブラムリー)というリンゴを、ごぞんじだろうか。

これはイギリス生まれのクッキングアップルで、
さわやかな緑色、大きめのサイズ、ひじょうに酸味が強いという特徴がある。
そのうえ、熱を加えるとすぐに煮溶け、組み合わせる素材によって、ジャムやお菓子、肉料理などによく合うため、レパートリーが広がるのが素晴らしい。

イギリスでは数ある料理用リンゴの中でこのブラムリーが1位を占めているが、
日本でも数年前から長野県の小布施町で販売を始めた。
まだ生産量は少ないが、多くのシェフやパテシェ、加工業者などが注目していると聞いた。

ブラムリーアップルには、こんな誕生秘話がある。
今から約200年前、イギリスのノッティンガム州に住む少女メアリーは、
食べたリンゴの種を蒔いたところ幸運にも発芽し、
庭に植えて育ててみると見事な実を結ぶようになった。

その後、この家はリンゴの樹ごとマシュー・ブラムリー氏が買い取ったが、
リンゴの評判を聞きつけたヘンリー・メリ―ウェザー氏が、
ブラムリーの名前をつけることを条件に、挿し穂をわけてもらっている。

彼は篤農家で商業的なアイデアがあったと思われ、名のある品評会にブラムリーを出品しては、
数々の大賞を獲得し、商品化に成功した。
今から150年前のことである。

海の彼方の縁遠い話だと思っていたら、
このメリーウエザー氏の曾孫に当たる、セリヤ・スチブンソンさんが来日し、
明日、東京ステーションホテルで「ブラムリーを楽しむ会」と銘打った昼食会を開く。

私に乾杯の挨拶と音頭をとるようにと電話があったのは、9月初めの頃だった。
驚いて、先輩がたくさんいらっしゃるのに、なぜ私が、と聞き返すと、
小布施町のブラムリー導入に際して、英国王立園芸協会日本支部の協力があった。
その当時、理事としてお手伝いをした私に白羽の矢が刺さったらしい。


2013_0918_140842-P1220356_convert_20130927210332.jpg

せっかくのチャンスだからお受けすることにしたが、さあ、何を着たものか悩んでしまう。

そうだ、イギリスとの交流をさらに深めるために、
イギリスの布で青リンゴにちなんだ洋服を新調しよう。
これも国際親善の役に立つというもの・・・・。

ユニクロ専門の私としては思い切った行動だったが、
京都の友人・Rieko さんに相談したら、まさにおあつらえ向きの布地があったのには、びっくり。
彼女はリバティの店のオーナーで、手芸や読書が大好きな魅力的な人だ。

おすすめは、2013年秋の限定柄で、布の名前は何と”APPLE" ではないか。

リバティ社のコメントによると、

「アップル」は本年秋冬コレクションの1テーマ「味覚」に焦点をあてた、「テイスト」の1柄で、
イギリスの有名なシェフ Jamie Oliver(ジェイミー・オリバー)とのコラボレーションによって
制作された。
彼はさまざまな方法グッドフードを取り入れ、
忘れられていた調理法を復活させ全英に広める食育の推進者としても知られている。
この「アップル」は彼のデザインチームが制作したデジタル柄で、
リンゴとミントを紙に押しつけてできあがったみずみずしいフルーツの水玉模様だ。

こんなにぴったりの布地があったとは、気味が悪いぐらい。
数色ある中からグリーン系を選び、オーダーしたのはブラウスとスカートの組み合わせで、
なかなか素敵に出来上がってきた。

明日はご挨拶の本番。
落ち着いて上手にできるように今夜は早く寝ることにしよう。


*このリンゴに興味のある方には、ブログの「ブラムリーファンクラブ」をお勧めしたい。
私が感心している名ブログだ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。