HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の名残の庭から

9月に入っても、毎日おかしな天候が続いている。
窓から見える景色はうっとうしそうな緑が多く、
サルビア・ガラニチカの青紫とユウパトリウムの薄紫以外はほとんど挿し色がない。


写真を整理していると、8月の初旬の庭が出てきた。

夏の庭を飾る最後の花はユリが多かったと、今改めて眺めているが、
あることに気がついた。

私の庭で力を入れてきた大好きな花は、バラにスミレとユリだ。
なんとこれらは「聖母マリアの三大シンボルフラワー」ではないか。

それはそれとして、先月のように、名付けて「靚子流花並べフォト」をアップしてみた。

2013_0803_171208-P1210882_convert_20130905103933.jpg


8月3日の私の庭には、こんな花が咲いていた。
早朝に切って、水揚げ完了。
用事が出来たため、撮影は午後の4時頃から始めた。
夕方になってもうまく映るかなと心配だったが、思いがけないことが!!!
いつものようにコンランの水差しに挿して、スタート。


2013_0803_171322-P1210885_convert_20130905151847.jpg

母がオイランソウと呼んでいたフロックスは、この濃いピンクがスタンダードな色だ。
田舎くさい、という人もいるが、私は好きだ。
カノコユリの大きさがアンバランスかと思いきや、かえって小さな花を引き立てている。


2013_0803_171410-P1210892_convert_20130905152701.jpg

2013_0803_171512-P1210896_convert_20130905152924.jpg

カメラを左に左に振ると、
キカノコユリやツルバキァ、カーネーション咲きのバラのグル―デンドルストなどが、
寄り添っている。点々と入っている青紫は、サルビア・ガラニチカ。
下の写真の左中頃にある淡いピンクの花は、ハーブのサポナリァ。
サボンソウとも言い、昔は石鹸の代わりに使っていたという。丈夫でよく増える。


2013_0803_171809-P1210908_convert_20130905160711.jpg

しばらく前から、画面の中にきらきら光るものが・・・。
いぶかしく思ってよく見ると、沈む前の太陽がきらめくパワーを送ってくれているではないか。


2013_0803_172037-P1210915_convert_20130905154124.jpg

パイナップルセイジの茂みを金色に染め、
ささやかな花束に最高のライトを当ててくれたお陽様、
これ以上はないプレゼントを、ありがとうございました!!

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。