HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sketch of Sweden  6  夏至祭・緑の柱を立ち上げる

2013_0621_174923-DSC04190_convert_20130811171303.jpg
2013_0621_174943-DSC04192_convert_20130811171601.jpg

事務所の前には、水揚げが済んでいる草花がたくさん置いてあった。

紫のグラデーションの花穂がロマンチックなルピナス、
清らかな村娘を思わせるフランス菊、
「聖母の外套」と呼ばれる黄緑色のアルケミラ・ブルガリス、
小さなピンクのポンポンが愛らしいアカツメクサ、
黄色の小花をたくさんつけたリシマキア・・・etc.

どの花も道端や空き地、森や林の入口などから摘んできたものだという。 


2013_0621_185726-DSC04283_convert_20130727142831.jpg

この花を数種類組み合わせて、小さな花束を作るのが次の仕事だった。
緑の柱に取り付けるための花束だが、初めての人にはむずかしいらしい。
花束作りはお手の物。
私の最も得意とする技なので、手早く器用に花束を作る私の周りには、
いつの間にか教えてほしい若い人たちが集まり、
ちょっとしたレッスンのようだった。

不思議な事に気がついた。
来た時に乗っていた私の車椅子は、まるで使っていないため、
誰かがどこかへ片付けてくれたらしい。
思い返してみると、最初に白樺の葉で小束をを作ったあたりから、
杖も使わずに、一人で歩き始めていたようだ。
集中して、心楽しく仕事をすれば、体の不調も忘れてしまう・・・。

まさに「精神は肉体を凌駕する」という金言そのものではないだろうか。


2013_0621_185942-DSC04298_convert_20130727144253.jpg

若い男性の目は、野の花をアレンジ中の娘さんの胸もとににくぎ付け!!!
夏至祭は、昔からこういった出会いによって、ロマンスが生まれるときでもあった。


2013_0621_183818-DSC04261_convert_20130727142520.jpg

隣のグループでは、柱の上部に飾る大きな花輪を制作中だ。
自転車のホイールに似た円形の金属に、大胆な色遣いで花束を止め付けているのは、
一番目立つ場所に使うからだという。

果たしてどんな場所に、どんなふうに使うのだろうか。
わくわくしてきた。


2013_0621_185642-DSC04278_convert_20130727143506.jpg

いよいよ総仕上げの時が来た。

柱の長さはどのぐらいあるだろうか。
非常に重たいので、男性軍総出の大仕事だ。
建てる前に、柱の上部に横板を渡して十字架の形にし、
最頂部から白樺の小枝で作った例の緑のロープを垂らして・・・・。
もちろん、柱も緑のロープでぐるぐる巻きにして緑色に仕上げるのだ。


2013_0621_222200-DSC04313_convert_20130727145251.jpg

完成!!!
芝生の広場へ見事に立てた、メイポールをとくとご覧あれ!
青空をバックに、堂々と立っている力強い姿にしばし感激してしまった。

あら、横板の両端に下がっている大きなイヤリングのような花の輪は、
自転車のホイール(?)につけたアレだわ。
何とかわいらしいこと・・・。

午後からこの広場では、夏至祭りが開催される。
一旦、園子さんの家で昼食をいただき、もう一度出直すことにしよう。
さて、どんなお祭りなのだろう。

考えただけでも、気持ちが高ぶって楽しみでならない。

                          (つづく)

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。