HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sketch of Sweden 1  プロローグ

昨日のテレビをごらんになれただろうか。

今回の北欧への旅が実現したのは、まさにあのテレビのおかげだ。
再放送(7月18日のAM0:45~)があるので、ぜひお勧めしたい。
このブログとシンクロする場面が各所にあって、面白い進行が期待されるからだ。


2013_0622_185933-DSC04502_convert_20130712104319.jpg


3年前の夏、NHKテレビのシニアディレクター・横田早苗さんからメールが届いた。
横田さんは、1985年に私がNHK「趣味の園芸」でデビューしたときからお世話になっている方だ。
彼女はキャリアウーマンばかりか、毎年のように個展を開くアーティストという顔も持っている。
メールの内容は、彼女が担当した番組のお知らせだった(2011年7月30日のブログ参照)。
この「北欧 アグネータと魔法の切り絵」と題したハイビジョン特集は素晴らしい出来で、
主人公のアグネータさんの、手から生まれるイマジネーションに富んだ宝物の数々や、
森と湖の多いスウェーデンの美しい風景、アグネータさんの自然流暮らしが心に残った。

あの美しい映像を目にしてからというもの、北欧に抱いていた想いが久しぶりに蘇ってきた。

思い返してみると、幼いころに愛読したアンデルセンの童話、セルマ・ラーゲルヌーヴの
「ニルスのふしぎな旅」、「北欧神話」や「夏至祭にまつわるフォークロア」などは、
今でも興味が募る。
難解なベルイマン監督の作品について触れだけでも大人になったような気がした学生時代。
マリメッコのスマートな愛らしさを知り、コスタボーダやアラビア、ダンスクなどの
グッドデザインに目が覚めた新婚時代がなつかしい。


2013_0624_151303-DSC04799_convert_20130712105910.jpg


そうだ、北欧へ出かけてみよう。
持病のパーキンソン病が進行するといずれは歩行困難になってしまう。
夫が勧めてくれているように、まだ体が動く今がチャンスだ。
何カ国も移動せずに足場となるところを定めて、人々の暮らしに溶け込んでみたい。
出来たらアグネータさんのように、緑の林の中で暮らせたら・・・。
季節は絶対に6月の夏至祭を体験しないと意味がない。
沈まない太陽、というのは本当なの?
白夜はどのくらい明るいのだろう。
できることなら村の人たちと一緒に野原で花を摘み、メイポールに飾ってみたいものだ。
北欧にキリスト教が伝わったのは、11世紀後でだいぶ遅い。
それまで信じられていた神々や妖精たについての話を聞けないかしら・・・・。
次から次へ頭に浮かんでくのは北欧のことばかりだ。

ところで、このような注文を聞いてくれそうな旅行代理店はどこにあるのだろう。
「豪華客船で巡るフィヨルドの旅」とか「三ツ星ホテルで過ごす超リッチな旅」
「1週間で北欧4カ国を完全周遊のスピード旅行」などのタイトルがずらりと並んだ
旅のメニューはあっても、私のような客はおそらく皆無に等しいのではないだろうか。

それにしてもあの番組を作るには、仕事がよくできる現地のコーデネーターがいたはず。
横田さんに思いきって聞いててみたのは、梅の花の季節だった。
紹介されたコーデネーターは、スエーデン人と結婚してスウェーデンに住む佐藤園子さん。
彼女は手芸の本質を求めてスウェーデンに留学し、企画や取材、執筆などを続けている方とのこと。
ちょうど帰国していた園子さんを、走りの筍ごはんでもてなし、
隠さずに私の暮らし振りや病状を見てもらいながら、旅への希望などを伝えた。


2013_0624_235306-DSC04915_convert_20130712105043.jpg


思いもかけないグッドニュースが届いたのは、桜が開花する前のことだった。
何と、親戚同様にアグネータさんのアトリエに泊めていただけることになり、
ご夫妻とダーラナ地方まで泊りがけの旅行までプランの中に入っているではないか。
私たちのことを知る手掛かりといえば、園子さんに託した数冊の小著のみなのに、なぜ?
いわば動画とスチール写真のお見合いのようなものだが、
私たちが感じたように、あちらでも何かを感じたのかも・・・。

しかし、これで失敗したら日本人として大きなマイナスとなってしまうのではないだろうか。
いつの間にか日の丸を背にしているような意識に、我ながら驚くやらあきれるやら・・・・。

せっかくお声をかけていただいたのだから、アーティストのデリケートな暮らしを妨げないように、
気をつけて滞在して来よう。

というわけで準備を済ませ、目指すはスウェーデン。
さぁ、車いす持参で、いざスタート!

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。