HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花束が生まれる庭



英国庭園のデザイン集を見ていると、Cutting flower garden 

というエリアがある。

これは来客などの目に触れる表立った庭の植栽はそのままにし、

切り花として飾るための花を育てる専用花壇のことで、富裕層の館などに多いようだ。

そんなスペースがない我が家では、最初から切り花になる種類の花を植えている。


2013_0519_175427-P1210221_convert_20130616100107.jpg


花束に使うバラは、大輪の豪華なものは適さない。

花の色やサイズ、花の形などを頭に入れて植栽プランを立てるとよい。



2013_0516_140026-P1210086_convert_20130614014723.jpg



卓上に飾る花は上品で何か話題になるものを。

心にしみる芳香と変わった咲きかたが珍しい Grace


2013_0526_130027-P1210366_convert_20130616092829.jpg


細い小道にしだれるように咲くヒナゲシやエキウム、ゲラニウム。

奥に咲くのは、チョコレート色のおしゃれなヤグルマソウ。


2013_0526_124540-P1210330_convert_20130616092438.jpg


切り取って飾るよりも、このままで眺めていたい自然流の1シーン。

自慢のマルタゴンリリー、素敵でしょ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。