HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパーボックス・コンテナ

2013_0218_110819-P1190089_convert_20130226113404.jpg


「あら、いい考えね。これなら私も真似できるわ。

こういう簡単なアイデアこそ、働く女性にぴったりなのよ」

久しぶりに訪ねてきた後輩が、妙に感心している。

花は好きでも、あまり手を汚さない、

つまり出来合いの寄せ植えを買うのがせいぜいという彼女が褒めてくれたのは、

青いヒヤシンスの球根を、マグカップが入っていた四角のボックスに植えたものだ。

いや、植えたといえばウソになる。

昨年の秋、ヒヤシンスの球根を庭に植えていたら、ちょっと余ってしまった。

とりあえず、3号の黒いポリポットに植えておいたが、先日蕾がふくらんでいるのに気がついた。

咲くまでの小さなドラマを身近な所に飾って、見てみたい。

しかし、食事やお茶をするテーブルの上に土っぽいものは置きたくないし・・・。

「そうだわ、あれはどうかしら」

センスが良いので取っておいたマグカップの箱に、ポリポットを入れてみた。

サイズはピタリ。だが、むき出しの黒いポリポットはかえって不潔感が強い。

それなら、見えているポリポットの縁の部分を切り、

ビニールの袋に入れて口をクシャクシャとまるめてみよう。

これなら水漏れ防止にもなるし、おしゃれな感じがしないでもない。


2013_0219_132751-P1190111_convert_20130226113615.jpg

早速、気に留めてくれる人が現れて私はご満悦だ。

名付けて、ペーパーボックス・コンテナ 。

これからは箱を捨てる前に、あらゆる可能性を考えることにしなくては・…。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。