HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロな化粧品

2012_1211_152100-P1170530_convert_20121216103331.jpg



「一瓶つけたら鏡をごらん、色白くなる X X クリーム」

肝心の商品名を忘れてしまったが、このキャッチフレーズを覚えている方はいないだろうか。

私が中学生の頃だから、昭和30年前後の婦人雑誌の広告に思い当たる方は、

おそらく私と同世代だにちがいない。

第二次世界大戦が始まって1週間後に生まれた私は、うろ覚えながら終戦の頃やその後の復活の道のりを

体験してきている。

よく衣・食・住というが、戦後の耐乏生活を強いられていた頃は食・住・衣の順で、

着るもののおしゃれはもちろん、化粧などは二の次だった。


化粧と言えば、今でも鮮明に覚えているシーンがある。

縁側に面した明るい場所で、手鏡を見ながら炭になったマッチの先端で眉毛を描いていた母、

もうほとんど残っていない口紅を小指の先でのばしている母・・・。

ふだんは素顔ったが、あれはPTAや結婚式などだったのだろうか。


先日、近所のホ-ムセンターで、レトロな品が並んでるコーナーを見つけた。。

ジュジュ化粧品,ウテナクリ-ム、ヘチマコロン、ユゼ黒砂糖石鹸・・・。

半世紀以上もタイムyスリップした世界が、そこにはあった。

若い人たちには何のことか通じないだろうが、

私の思春期の頃に、新聞や雑誌の広告に出ていた化粧品が棚に並んでいたのだ。

あの頃の宣伝女優の小暮美千代や、美白クリームの漫画・「白子さん、黒子さん」が、

急によみがえった。


ヒアルロンサンもコラーゲンもまだ開発されていなかったあの頃、

女の人たちは米ぬかや蜂蜜、黒砂糖などの身近な材料で、ひびやあかぎれが無い手足と、

色白の美肌を希ったのだ。

思わず買ってしまったレトロな化粧品に若き日の母を思い出し、私はしばらく眺めていた。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。