HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返る10月 ③

★ 10/17

本物のブルーベル

2012_1008_153734-P1170174_convert_20121031011536.jpg


「思い切って注文してよかったわ」

ロンドンから、本物のイングリッシュブルーベルの球根500球届いた。

早速大きなざるに広げてみる。

テレビなどで、よく1億円の札束を束ねたシーンがあるが、

私にとっては、1億円よりも貴重で嬉しい。


2012_1008_153654-P1170173_convert_20121031011234.jpg

スゴーイ迫力!!! 500球、500球・・・


2012_1019_120208-P1170230_convert_20121101035820.jpg

植える場所は、もうすでに決めてある。

イギリスでは明るい森の中や林の入り口などを青く染めていたので、

似たような場所を選んだ。

古い大きなハコネサンショウバラの下だ。

ここならおあつらえむきの半日蔭の環境で、ちょうど居間からも見える。

いきなり植え始めると、悲惨なことになる。

このように前もって置き合わせてから植えると、心配が少ない。

これで220球だ。

さてさて、あとの植え場所は…。


この花は、もともとは素朴な野の花であった、

現在ではカタロググにもわざわざ TRUE ENGLISH BLUEBELLS

と記してあったように、ご当地のイギリスでも、

花が大きく旺盛なスパニッシュ種と、小さな花がはかなげに咲くイングリッシュ種が交雑しているようだ。

もしも交雑以前の野生のブルーベルを見たかったら、

Edith Holden の 
 
The COUNTRY DIARY OF EDWARDIAN LADY をおすすめしたい。

1800年代、英国の良家の子女として生まれた彼女は、

ウォーリックシャーの家で見たままの野の花の絵を描き、感じたことを詩に綴った。

後にロンドンの美術学校へ進み、自然をテーマとした絵画家となった。

著書の中でも幸せな娘時代に描いたこの本は素晴らしく、

ブルーベルは MAY の冒頭にサンザシの花と、

次にリクニスやシャクの1種とともに描かれている。

なお、絵の傍に添えられられた花の名は、ワイルドヒヤシンスと記され、興味深い。


_____________________________________________

10月のことで書きたいことはまだまだある。例えば

★10/21 秋ミョウガどっさり

★10/22 ブラムリーのぷるぷる寒天

★10/25 土佐で生まれた美味美味マンゴウ

★10/28 バジルの冬越しABC


のほかたくさんあるが、もうすでに11月だ。

ここばかりで足踏みをしていると、先月の二の舞いになりかねない。

それでは、また明日。いや、今日かな?

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。