HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな青い花


手塩にかけて世話をしてきた庭は、今が一番きれいなシーズンだ。

ブログを見てくださっているハナトモと一緒に、毎朝のどきどきわくわく感を味わいたかったのに、

PCへの取り込みがどうもうまくいかない。

先日「若手]に教えてもらった時は何んとか出来そうな気がしたが、時間が無くてやはりNG。

もともと機械に弱い上に、取り込み方を変えたので、

悲しいかな、余計分からなくなってしまった。



今はどんな状況か聞いてないが、世界中がインターネットで結ばれた頃、

進んでいる会社では、職場でPCを1人1台ずつ与えられた時期があった。

若い者たちは日頃から慣れているので、すんなりと移行できたが、

部長、局長クラスで、私のように機械類に弱いガチガチ頭のオジサンたちは、

背後からのぞかれないような場所に陣取って、ゲームで時間つぶしをしていた人もあったという。


さて、庭の写真はたくさん撮っているので、

PCのトラブルが解決したら、まとめて「ガーデンツアー」へご招待を、と考えている。

今日は前もって取り込んでおいた3枚の写真があったので、どうぞごらんいただきたい。



1青花

我が家のシンボルツリーは、西洋菩提樹だ。

この樹はハーブのご縁で、およそ20年前に南仏プロヴァンスから20本贈られたもので、

後の19本は九州から北海道の、公園や教育関係の所に寄付させていただいたが、

かなり大きくなっているのではないだろうか。

青の足元に植えたのが、ブルーベルの青い花だ。

イギリスの5月は、明るい林の中や、森の入口、住宅地の生け垣のなどを青く染め、

ロンドンのキューガーデンやウイズリーのRHSガーデンへ、青い野原を見に行く人が多い。

我が家の青い花は、花束にして友人や知人へ贈ることにしているが、

この「幸せを運ぶ青い花」を、待っていてくださる方がいるのが嬉しい。


6青花

今年は花時に雨が多くて、とても心配だった。

愛らしく気品がある花なので、

シンプルにブルーベルだけをまとめて、青いリボンを結ぶことにしている。


5青花

せっかく1年もかけて花を開いてくれたのだから、

折れたり短く切ってしまったものもたいせつに扱いたい。


バスケットにパステルカラーの花と一緒に活けて。

こうすると窓の外の景色と食卓が、さらに近く感じられる。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。