HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの柿

オマーンのサヤインゲン、メキシコのカボチャ、アメリカのタマネギや牛肉

カナダの豚肉、ノルウエイのサーモン ・・・・。

スーパーマーケットへ行くたびに、世界中から仕入れた食品が増えている。

先週、珍しい輸入食品に初めて出会った。


2012_0226_135859-R9325678_convert_20120229131350.jpg


最初、遠くからこの果物を見たとき「オレンジの仲間かしら?」と思った。

ダークオレンジの色が似ているし、収穫の季節だからだ。

ところが近寄ってよく見ると、「シャロンフルーツ」というラベルの上部に

「イスラエルの柿」という文字も見える。


2012_0226_140624-R9325682_convert_20120229131531.jpg


イスラエルと聞くと、いつも鍔迫り合いのドンパチが起こり、

領土をめぐって緊迫した空気が流れているというイメージを持つ。

現在は確かにそうとられても仕方がない一面もある。

しかし、2度ほど訪れた10数年前のイスラエルは穏やかで、野の花が美しかった。

聖書の中に登場する植物や、原種の野草、歴史的なハーブなどを探しに行ったのだが、

恐ろしいと思ったことは一度もなかった。


ハーブの使い方を知りたくて市場巡りも随分したのに、あの当時はkAKIを見たことはなかったと思う。

この国では、農業に重点的に力を入れる政策を立て、小麦や果物、花などは輸出をする時点まで達している。

例えば、グレープフルーツの「スイーテイ」や、クリスマスごろに出回る純白の水仙「ペーパーホワイト」など

はイスラエルから輸入したものだ。

ところで、「シャロンフルーツ」のシャロンは平和を意味している。

おそらく、旧約聖書の雅歌「シャロンの薔薇」に由来しているのではないだろうか。

イスラエルの柿は皮が薄くて、種が無い。

強い甘さとねっとりとした食感は、マンゴーに似ているかもしれない。

生食もよいが、薄くスライスしてサンドイッチにはさんだり、ケーキのトッピングやソースにも使えそうだ。


柿の形はアイズミシラズやオケサガキに似ているが、サイズはかなり小さい。

直径が7cmぐらいだろうか。        

また、この柿を見つけた時は数パックを買って、友人や来客を喜ばせたいものだ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。