HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓辺のプリムラたち

2012_0226_141557-R9325686_convert_20120301085853.jpg

明日は桃の節句だ。陰暦なら桃の花も咲く頃だが、朝から氷雨が降っている。

窓際に置いたバスケットでは、プリムラの花たちがにこにこしている。

しかし、いくら耐寒性があるといっても温室育ちのお嬢様だから、

こんな日にいきなり外へ出すのはかわいそうだ。


数年前から春を告げるプリムラに惹かれて、かなりの品種を育ててみた。

蒼い花はプリムラ・ポリアンサのフランダース・プリムラで、縞の入っているのはゼブラ。

ライラック色の八重咲き種は、クェーカーズ・ボンネット。

チョコレート色の花弁が金色に縁どりされている花は、ゴールドレース。

暖かくなるにつれて、もっともっとたくさんの品種が咲き始めるので、待ち遠しくてならない。

お楽しみに。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。