fc2ブログ

HOME:広田せい子のハーブガーデン

菊が咲く庭を想いながら

2011_0913_161303-P1150019_convert_20111025080045.jpg

近所の方から、食用ギクの花をいただいた。

東北生まれで一人娘の彼女は、ご実家からさまざまな野山の恵みが届く。

春は芽吹いたたばかりの山菜、夏は採りたての野菜類。

秋は新米に始まり、ヤマブドウ、キノコ、アケビや食用ギク・・・・。

娘を想う母親の愛情と自然を、そのままパックしたぜいたくな宅急便だ。

私も御相伴にあずかることがたびたびあり、何よりもありがたい。


テーブルの上にキクの花を広げ、緑色のガクの部分を外していると、

部屋中に花の香りが漂って、いつの間にか実家の庭を思い出していた。


柿が色づくと赤とんぼが飛び始め、

前庭に植えたシオンをバックに紫やピンク、白などのキクの花が咲き、

蔵の前にある植えこみでは、キンモクセイが香り出す。

「うちにはギンモクセイもあるんだもん」

などと自慢していた子供の頃が、なつかしい。


私の生まれた福島市は、今や、ある意味で世界的に有名な(?)FUKUSHIMAとなってしまった。

忘れもしない、2011年、3月11日の午後、

突然襲った大震災ばかりでなく、人災といえる原発の大事故で、

罪のない人々は無惨な運命を強いられ、美しかった野山は汚されてしまった。

明日が見えない日々を、見知らぬ土地で暮らしている被災者の方々は、

日本中のどこにでも咲くキクの花をを、どのような思いで見ているだろうか。


嵐がおさまるまで腰を低くするパフォーマンスで、罪の意識のかけらもない東電、

自分たちの党の、いや、自分のことばかり考えて遅々として進まぬ政府の対応、

ボランティアの人々の助けも、限界にきている。


私の実家は60キロの地域だが、千葉や茨城が汚染されているように、

かなりの量の被爆をしていると思われる。

福島は、くだもの王国といわれるように、

この季節にはナシに、リンゴ、ブドウなど福島産の果物が店頭に並べられるのが常だった。

ところが、今年はほとんど見かけていない。

1年にたった一度の収穫なのに、風評被害も加わって農家の方たちのこれからはどうなるのか。


2011_0913_161303-P1150019_convert_20111025080045.jpg


日が翳ってきた。

テーブルの上に置いたキクの花弁に、西日が差している。

今夜は、酢のものにして、明日はてんぷらにしよう。

それにしても、明日は我が身と成りかねない放射線被爆の実態は、

恐ろしい結果となるかもしれない。

ただ、こうして愚痴っているだけでは何の解決にもならないことを知っていても、

つい口から出てしまう。

そして、なんの力もない自分が歯がゆくてならない。

義捐金はかなり送金したのに、一番必要としている人々の手に渡っていないとは、

どういうことか。

これから寒さに向かうのに、心細い思いをしている人々を思うとやり切れない。

久しぶりの青空なのに、気が晴れない秋だ。

HOME : TOP

Monthly