HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バジル・危機一髪

2011_0919_122412-P1150081_convert_20110920043906.jpg

前から気になっていたことが、数日前に解決した。

例年なら8月中にバジルの切り戻しを兼ねた大々的な収穫をし、

1年分のフランス語でピストゥ(英語でバジルペースト)を作ってきたのに、

今年はなぜか気持ちが落ち着かなくて、取りかかる気持ちにならないでいた。

これまでは畑に地植えをしていたのに、

今年は3個の大きなスリット鉢に各3本ずつ植えたものと、

堆肥をたっぷり入れた深めの育苗箱に植えた6本が、この異常なほどの暑さでよく育った。

我が家だけでは使いきれず、

サラダ好きの近所の人に枝を切ってさしあげたり、

被災地の友人へ大量のスパゲッテイに、ピストゥを添えて送ったこともある。。


2011_0919_143422-P1150092_convert_20110922001151.jpg


台風15号が近づいてきた。

せっかく収穫期を迎えているのに、このままで放っておくと、

風で揉まれて葉が黒くなったりボロボロになって、風味も落ちる。

雨が降りだす前に収穫しなくては・・・・。

幸いにも、この台風は雷をともなわないとみえる。

これだけでも随分違う。

鋏も使えるし、電気器具も使えるのでありがたい。

両手で抱えきれないほどのバジルの枝を切り取り、

まずは、居間の床に広げて害虫チェックを。OK.

雨に当たったら乾燥させるのだけでも一仕事だが、これもOKだ。

フードプロセッサーにバジル、松の実、ガーリック、塩、オリーブ油を入れて、

クリーム状になるまで撹拌する。

最後に粉状のパルメザンチーズを加え、撹拌して、出来上がり!!!


2011_0919_160648-P1150093_convert_20110922002452.jpg



いつも困るのが保存の仕方だ。

大きな瓶に入ったピストゥは、とても豊かな暮らしのシンボルにみえる。

ところが、使っていくうちに空気に触れる部分が多くなり、色も味も悪くなるから ×。

2~3回で使いきれる小さい瓶に入れ、冷凍するのは正解だが、冷凍庫が狭くなる。

そこで、当座に使う分だけ密閉容器に入れて冷蔵庫へ。

大半は、ファスナーつきの密閉袋に入れて冷凍し、使う分だけ折って取り出す。

袋の上から手でなでながら平らに伸ばし、固まるまでトレーや箱のふたなどに入れて冷凍すると、

取り出しやすい上に、冷凍庫の中が整理しやすい。


そうだわ、

危機一髪で、台風に合わなくてよかったバジルに、お礼肥えをやらなくては・・・・。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。