HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野分きだちて

2011_0903_093233-P1140995_convert_20110904171348.jpg


野分きだちて俄(にわかに)に膚(はだ)寒き夕暮れのほど、常よりも思いいづる事多くて・・・


台風が去った後の庭で、ふと源氏物語の一節を思い出した。

たしか[桐壺]だっだと記憶しているが、

野分き、あるいは野分けというのは、原っぱの草をかき分けながら吹く大風のことである。

この程度なら、平安時代の嵐はかわいいものだ。

台風12号が大暴れをしたために、今、三重や和歌山,奈良県の周辺では大変な被害が出ている。

我が家では強い風が西洋菩提樹の枝を折り、嵐は花壇の花の上で地団太を踏んで去って行った。

黄色やピンク、オレンジなどの花は、長雨ですっかり徒長してしまったジニア(ヒャクニチソウ),

フワフワした薄紫の花は、昨年ドワーフだったアゲラタムだ。一般にコボレダネで増えた株は、

元に戻って高性になるケース多い。おそらく矮化剤の期限がきれたものとみえる。


2011_0903_093244-P1140996_convert_20110904171624.jpg


アーチの下に細い通路があったのに、今はアゲラタムに占領されてしまった。


それにしても、昔の姫君は梅雨時をどのようにして乗り切ったのだろうか。

父親が有力者だったり、高貴な血筋の方なら雨漏りや、お召ものの心配もいらず、

召使たちも張り切って、貴公子たちが訪問し易いサロン作りにはげんだことだろう。


しかし、末摘む花のように容姿だけでなく、住まいやもろもろのものにも「難あり」の

お姫様のばあいは、十二単は重たく、汚れていたにちがいない。

洗い替え用に一式そろえるのは大変な出費なので、香をたきしめたり、几帳を調節して

夏のしつらいを考えたものと思われる。

当てずっぽうの空想は、どこまでも広がる。


久しぶりに青空の下で、のんびりとしていると、もう赤とんぼが飛んでいた。



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。