HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰りなん。いざ、ふるさとへ ②

私達が一番乗りだと思ったら、

次々に車が到着し、早くも駐車場でにぎやかに挨拶や紹介が始まっている。

>
庫裏(くり)の大広間に設けられた控室でお茶をいただくうちに、ほどよく冷えた果物が運ばれてきた。

[福島の桃ですよ。皆さん方の懐かしい味だろうと思って・・・・」

昔から寺の仕事を手伝ってきてくれたSさんの、心がこもったもてなしが嬉しい。


2011_0816_103555-R9324934_convert_20110821025420.jpg

間もなく本堂に移り、母・京子の13回忌の法要が始まった。


読経とお香は、さまざまな思い出の引き出しを開ける。

母が亡くなった時、私は鹿児島県の枕崎市で、NHKテレビ「趣味の園芸」のリハーサルの最中だった。

本番の公開録画は明日の1時からなので、これからまる1日は身動きが取れない。

覚悟はしていたものの、床についても目が冴えて思い出が駆け巡り、つらいつらい夜だった。

誰にも気づかれないように、本番では作り声と作り笑いで何とか切り抜けたが、

鹿児島から福島までの帰り道が何んと遠かったことだろう。


2011_0820_113534-R9324955_convert_20110826124657.jpg

大好きなリバティのブラウスに、ミモザの花を手にした母。

教育者として多くの子供たちを導いたたばかりでなく、

母は「野の花や動物たちにも、仏性あり」と説いては、自然をこよなく愛していた。

何事にもめげずにベストを尽くした母の原動力は、底知れぬ知的好奇心だった。


2011_0816_103441-R9324930_convert_20110821114852.jpg

本堂の格天井に描かれた植物の色彩画。

紫陽花や水仙などの身近な花ばかりではなく、どこか異国風な花もある。

両親が生きていた頃に、この絵の由来についてなぜ聞いておかなかったのだろう。

見上げていると首が痛くなるので、妹たちと仰向けに寝転んで見た幼い日々・・・。

地震で大破しなくて、ほんとうによかった。


2011_0815_151143-_DSC5603_convert_20110822110359.jpg

母の位牌に、順番にお焼香をする孫やひ孫。

小さな指でお香をつまみ、真剣そのものの表情でお辞儀をしている。

一人前にお焼香をするのは、初めての経験という子も多いようだ。


2011_0815_153527-_DSC5651_convert_20110823093448.jpg

境内にある墓所での供養を終えて、全員が市内のホテルにチェックイン。

夕方6時からレストランで、円通寺ファミリーの懇親パーテイが始まった。


数えてみると、父と母から5人の子供たちが生まれ、

それぞれが配偶者を得て(5名)、孫が13名できた。

そして孫の配偶者12名との間に、ひ孫が7名生まれている。


弟から全員集合の号令がかかったのは、寒い季節だった。

お楽しみはまだまだ先のことだと思っていたのに、あっというまにその日が来てしまった。

緑色に染まったふるさとに集い、まだ会っていなかったファミリーと親しく過ごそうという趣旨だ。

簡単な自己紹介から始まり、すぐに笑いの渦となったテーブルができた。

子供たちは、誰と話してもよいというお達しを受けているから、

硬くなっていじいじしている者などは一人もいない。

学校の話よりは、ゲームや流行のアイドル(古い?)などの話に花が咲いているようだ。

すっかり打ち解けて、各テーブルを泳ぎ回っている子もいる。


明日は福島からスカイラインを通り、一切経、浄土平、吾妻小富士とめぐって猫魔ホテルに宿泊の予定だ。

こうした形でふるさとをみんなで訪れ、親交を深めることができたことは、

何んとありがたいことだろう。


それにしても、陶淵明の「帰去来の辞」にあるように、

福島は今「田園まさに荒れなんとす」状態に入っている。

風評被害に悩まされ、刻一刻と変わる状況にふるさとを追われる人が増えている。

今回の楽しい企画は弟が全部お膳立てをしてくれたのだが、

もしかして、来年はどうなっているか分からないからではないだろうか。


せっかくの思い出に水を差して悪かったが、

最も楽しい夏の日をふるさとで過ごすことができた。

そして何よりも、ファミリーの絆を深められたことに感謝している。



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。