HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメーラの謎

2011_0810_160731-R9324885_convert_20110811123722_20110812032154.jpg

「かなり捜したのだけれど、やっぱり築地にもなかったわ。

ちょうどイタリアンのシェフが仕入れに来ていたので、

イタリアのトマトの ”アメーラ”はどこで買えますか、って聞いてみたら、

シリマセーンですって」

これは5~6年前の話である。

デザイナーのA子さんは、何事も新しいものを知らないと気が済まない性分だ。

自称グルメの彼女は、パーティーでつまんだトマトがあまりにも美味だったので、

「アメーラ」というイタリア語を頼りに、築地の青果市場まで捜しに出かけたのだった。

 * これがアメーラの人気商品「アメーラルビンズ」。

アーモンドの菓子の「ドラジェ」に似た形で、一回り大きい。


2011_0810_161110-R9324890_convert_20110811123907.jpg


[アメーラ」には、確かにイタリア語の響きがある。

けれども、日本語の「甘い」を連想させる二文字は、ちょっとできすぎではないだろうか。


疑問は間もなく解けた。

久しぶりに会った清水生まれのれのクラスメイトが、

これまで食べたことのない甘ーいトマトを、お土産に持ってきてくれたのだ。

「もしかして、これってアメーラ?」

「そうよ、さすがねぇ」

アメーラは何んと静岡弁で、[甘いでしょう?」という意味なのだそうだ。

これが5,6年前の話。

意表を突かれた形の[アメーラ]だが、これ以上親しみやすくわかりやすいネーミングがあっただろうか。

要は、アメーラは糖度が高い高級なトマトの総称になっており、それぞれ個性的なトマトが栽培されている。

会社も静岡県のほかに高知や長野にも系列の立派なファームができ、文字通り生長株だ。

願わくは、どうかもう少し安い値段で買えますように・・・。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。