HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバテイとエイグルのコラボ長靴

庭の方から、久美さん(長男の嫁)の声がした。

長男たちは、スープが冷めないどころかアツアツの距離のすぐ隣に住んでいる。

「いますよ。なぁに?」
[ちょっと早いんだけど、来年の母の日のプレゼントを見つけたので・・・」

彼女の手には、フランスのアウトドア製品で有名な AIGLEの紙袋がある。
思わず手を出した私に、
[これはお母さんのために作られたものだといってもいいんじゃないかしら。
逃したら後悔すると思って、ゲットしてきました」


2011_0713_154203-R9324750_convert_20110729094138.jpg

ドキドキしながらまっさきに箱を開けてみると、リバティとエイグルのロゴが目に入った。
どちらも私の大好きなメーカーだ。
このガーデニング用ブ-ツは、両社のコラボレイトによるものだという。

じつは私には持病が二つある。

慢性薔薇熱の重症患者だということはすでにカミングアウトしたが、
進行性のリバテイ炎にも犯されている。

後者のビョーキは、オトメゴコロに取りつたら最後、
強烈な感染力でハートにもぐりこみ、老若を問わないので、今や日本中に蔓延しているようだ。


2011_0713_154045-R9324747_convert_20110726155240.jpg


「まぁ、すてき! ほんとうにこれは私のタイプだわ。 ありがとう!!!」  

リバティといえば、小花模のロマンチックな、そしてどこかノスタルジックなイメージがある。

2011_0713_153758-R9324742_convert_20110726154654.jpg

エイグルでは以前から、皮革やゴムのブーツを売っていた。
私もそのかっこよさに惹かれて、ゴム製のブーツを履いていたことがあった。
オリーブグリーンのアンクルブーツは、ジーンズによく似合った。

2011_0713_155044-R9324759_convert_20110729094318.jpg

添えられたカードまでも,リバティの上品な雰囲気が・・・。


2011_0713_152812-R9324735_convert_20110726154525.jpg

こんな可愛らしいブーツは、もったいなくて履けやしない。

履き初めは、ニオイスミレのカーペットのうえでしておこう。

「久美さん、ありがとう。まずは飾っておくわね」

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。