HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしいことばかり

2010_0704_164037-P1130124_convert_20110706092633.jpg

今年の気候は、どうもおかしい。

これまでは、西洋菩提樹の花が咲きはじめると、
ミツバチが大挙して押しかけ、嬉しそうに蜜を集めていたものだった。
その羽音がうるさくてうるさくて、ハチが去って行っても、耳の中にあの羽音がいつまでも残っていた。

ところがどうだろう。

樹勢が弱ったことが遠因かもしれないが、
今年は蜜を集めに来る(たぶん)ニホンミツバチの数は圧倒的に減った。
代わりにジャンボサイズのクマンバチが、ぶんぶん羽を震わせながら派手に飛び回っていた。

花の開花は半月から一月は、早くなっている。

バラはあっという間に咲き、
突風と共に散ってしまった。

このレモングラスとダリヤの写真は、今年の5月18日に撮影したものだ。
耐寒性があまりない植物を露地植えにした場合、ダメージから立ち直るのに結構時間がかかる。
我が家の場合は、レモングラスがこの程度に育つのは7月末ごろになるのに、
5月末とは・・・・。

おかしなことはまだある。
コボレダネで発芽するのは翌年がふつうだ。
しかし、今年はパンジー、ワスレナグサ、ローンデージー、ニオイスミレ、プリムラなど、
春一番のワイルドフラワーが芽を出している。
特に庭のあちこちで株に育っているのは、漢方の地黄の仲間だ。

反対に消えてしまったハーブは、ラベンダー、セイジ、ラムズイヤー、ヒソップ・・・。

害虫も多く、ナメクジにダンゴムシ、ヤマヒル、ハサミムシ、ゲジゲジなどが悪さをしてくれる。

そういえば、今年はヒキガエルの姿を見ていない。
毎年卵を産みに帰ってくるので始末に困っていたのに、来ないのはどうしてだろうか。

こうして書き出してみると、天候が原因ということが見えてきた。

今日の耐えがたい猛暑に一昨夜の突然の豪雨などのような、異常気象のせいではないだろうか。
思い返せばこの度の地震と津波による大災害も、異常気象が原因なのだ。
植物や動物たちは、本能的に察知して、生き急いでいるのかもしれない。

彼らはサインを出して私達に警告を発してくれているというのに、
国会では責任のなすりあい、派閥の醜い争い、嘘の上塗りと襤褸隠し等で大切な時間と経費を浪費している。

正直のところ、私には悪い予感がしているのだ。

どうか的中しないように、と祈るのみである。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。