HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリの花咲く小道

2011_0702_155730-R9324562_convert_20110703002432.jpg

バラの花の季節に、食卓の位置を変えた。

庭に面するガラス窓に食卓をぴったりつければ、身体はもう花畑のなかにいるような感じだ。

窓の前に、余ったレンガで小道を作っておいたのは、よいアイデアだった。
春はプリムラポリアンサのビンテージ苗で縁どりをし、
今は桃色の大きめの花が咲くゲラニュームが、小道をふさぐようになだれこんでいる。

突き当りはオリエンタルポピーが、豪華な花を開くはずだった。
ところが、七分咲きまで行ったのに突然黒くなって溶けてしまった。
原因はまだわかっていない。


2011_0702_155252-R9324560_convert_20110703002828.jpg


反対に、この場所を気に入る植物もある。
ゴールデン・カサブランカだったと思うが、
数年前に植えた球根がこの場所を気に入って毎年増え、
大きな花を開く。


2011_0702_155047-R9324556_convert_20110703130938.jpg


春先に土をかき分けるようにして顔を出す新芽の太さは、感動そのもの。
その上、タケノコのように一晩で20センチも伸びた年もあった。
                                                                                                      お日様が大好きですくすくと伸び、左の茂みのように見事に大きく育っている。

小道の近くへ行くと強い芳香も漂って、いよいよ夏本番だ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。