HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sayasaya と

あなたは、草花などを扱っているとき、
絡まりあった花や葉っぱをどうしているだろうか。

たいていの人は、「えい、やっ」と、両方を強く引っ張って、
だめにしてしまうことが多い。

私も昔は同じようなことをしていたが、
母から教わったおまじないを使うと、面白いようにうまくいく。

その方法とは、
絡まりあっている植物をそれぞれ右手と左手に持ち,
[sayasaya」とささやきながら、やさしく小刻みにゆっくりとうごかすのだ。

胸の高さぐらいの高めの位置で、
突き出すようにして「さやさや」をすると、しだいにほぐれてくる。

後はそうっと外せば一件落着。

応用編としては、バラのとげが引っ掛かったとき、
特に背中などのように見えない部分のときは、
逃げずにぶつかっていくようにすると、トゲがはずれる。

この「さやさや」は、
こじれたれた人間関係の修復にも、功を奏するようだ。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。