HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計算違い

2011_0410_100935-_DSC5305_convert_20110412085559.jpg

Forget me not(ワスレナグサ)は私の大好きな花で
これまで植えなかった年はない。
同じムラサキ科のボリジやアンチューサ、シノグロッサムなども植えてきたが、
ワスレナグサはこぼれ種子が庭のあちこちで芽を出し、
清楚な水色の花をつけるのが嬉しい。

044_convert_20110412084709.jpg

昨年の12月7日のブログに書いたように、
イギリスの有名な女流園芸家の庭からヒントを得て
2段式の植え方を試みてみた。
要は、球根をあらかじめ植えておき、
その上に一年草の草花の種子をまくか、苗を植え付けるのだ。結果はご覧の通り。


048_convert_20110412085306.jpg

チューリップとワスレナグサの色のバランスは、なかなか素敵だ。
けれども、自己反省によると、大きな計算違いがあった。
それはワスレナグサの草丈が高すぎることだ。
チューリップの頭が、ワスレナグサの青い海で溺れそうであっぷあっぷしている。


142_convert_20110412101739.jpg
小著「イギリス花の庭」(文化出版局)に発表したこのページをテキストにしたが、
このぐらいのバランスに仕上げるならば、
ドワーフタイプ(矮性)の種子が適している。

ところが、切り花用のこぼれ種子から発芽した苗を育ててしまったのが、
このハプニングの原因と思われる。 

今、庭は真っ青な花の海。
とりわけ朝と夕方がロマンチックで、いつまでも眺めていたい。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。